depth of field

Navitron 50mm F0.95 TV Lens

秋晴れの朝、MSオプティカルの宮崎さんから改造をお願いしておりましたレンズが戻ってきました!
そのレンズとはNavitron 50mm F0.95 TV Lensです!
詳細は全く不明ですが、TVレンズということもあり産業用で多く採用されているCマウントです。入手した当時、偶然にも同じような時期に、Schneider Xenon 50mm F0.95のMマウント化に挑戦中だったandoodesignさんと情報交換をさせて頂きながら、今回宮崎さんにお願いする運びとなりました。宮崎さんのカルテには「若干過剰補正だが、膨らみが少ない。F1.4でフレアが無くなりコントラスト急上昇」とあります。また、他の50mm F0.95(Canon、Schneider、Angenieux)の中で、「最も良い」とのコメント。これは写りが期待出来そうです!

レンズのコーティングは、ブルー系のシングルコートが施されており、試写した感じでは、黄にシフトした仕上がりでしたが、そこはM8(即ちデジタル)で使うので、ホワイトバランスでカラーバランスの調整は容易ですので、問題ありません。フィルムで使う場合、オールドレンズにあるような雰囲気のある写真になりそうです。(パリの街並みを切り取るとハマりそうですね!)因にDream LensのCanon 50mm F0.95は青にシフトした写りになるそうです。

大変逆光に強くゴーストが出にくいそうなので、今後テストしてみたいと思います。
スペック的には、重量約480g、フィルター径62mm、距離計にももちろん連動し、約70cmまでピンが来ている感じでした。予想外だったのが、50mmではなく正確には48mmで、若干広角気味でしたが、画角についてはそんなに違和感はないと思います。

作例はまた後ほどアップしていきたいと思います!
f0177105_14161663.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-23 14:34 | アクセサリ