depth of field

タグ:Canon 50mm F0.95 ( 3 ) タグの人気記事

コスモス畑

25000平方mに咲き乱れたコスモス。夕暮れ間近に行ったので、辺りがすっかり暗くなるまでシャッターを切りました。Canon 50mm F0.95にて。Navitronでの撮影が出来なかったので、また近いうちに行ってみようと思います。
f0177105_20335538.jpg
f0177105_20413149.jpg

f0177105_2039438.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-10-18 20:41 | m8

試写・その1

すっかり肌寒くなってきましたね。お洒落が楽しめる季節です。
さてNavitron、海外からの問い合わせもチラホラ来ており、世界には同じようにハイスピードレンズを楽しむコアなファンが大勢おられるようです。Mr.Miyazakiの改造費は幾らなのか?そのレンズはどこで入手したのか?などなど・・・
コンパクトなのですっかり常用レンズと化しており、Canon 50mm F0.95の試写が全く出来ていないのですが、今日からじっくり使っていこうかと思い起ち、夜の試写となりました。
光源リングボケは二重線が目立ちますが、それがまた面白かったりします。Navitronとまたひと味違うので、同じ50mm F0.95と云えども奥深いものです。
f0177105_0182881.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-10-02 00:26 | m8

Dream Lens!! Canon 50mm F0.95 Lens

時代はF0.95です!(しつこい
世界的にもファンの多い「Dream Lens」の愛称で有名な、Canon 50mm F0.95レンズです!早くも宮崎さんの手によってM型マウント改造が終わり、手元に戻って来ておりました。早すぎです。。宮崎さんは根っからの技術屋さんで、先日68歳のお誕生日を迎えられたそうですが、まだバリバリの現役。
中々程度の良いレンズに巡り会うタイミングが無かったのですが、今回比較的程度の良い玉が出たので購入に至りました。本当はTVレンズの方をずっと探していたのですが、結果的にキャノン7S用となりました。(噂では、TV用の方が精度が良いとか。。)
前玉はピカピカ、後玉はごく僅かな拭きキズがあるものの、1960年代のオールドレンズと云う事を加味すれば、極上のコンディションだと思います。後玉から覗くと約1mm程度のゴミがど真ん中に入っておりましたが、これも宮崎さんにレンズを分解して頂き、クリーニング処置で無事綺麗になって戻ってきました!
f0177105_2305810.jpg


スペックですが、重量約640g、フィルター径72mm、距離計にももちろん連動し、近接100cm。写真でもNavitronと比較するとかなり大きい事が分かります。M8ボディが尻餅ついちゃってます。因に、新noctilux 50mm F0.95は630gとこれまた重量級。益々Navitronが常用レンズ化しそうです。(だって軽いんですもの。xenonの約1/2の重量ですものね。)
デザインは決して良いとは言えませんが、これはこれで迫力とオールドレンズの存在感があります!
近々、撮り比べをしてみたいと思います!
f0177105_23168.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-25 22:53 | アクセサリ