depth of field

タグ:Navitron 50mm F0.95 TV Lens ( 7 ) タグの人気記事

冬の京都

何かとバタバタしていて、すっかりブログが疎かになっておりました。
メールで心配頂いた方々、有り難うございます。

秋の紅葉を見に京都へと思っていましたが、行けた頃にはすっかり冬の寒さとなってました。
ライカ片手に錦市場を東へ西へ。これから年末にかけて凄く賑わうんでしょうね。
夕刻はお気に入りのカフェKOCSIへ。久しぶりに足を運びました。
いつ行っても癒されますね。

これから寒い季節になりますので、皆様お身体ご自愛くださいませ。
f0177105_1851172.jpg
f0177105_18415181.jpg
f0177105_18474121.jpg
f0177105_1844195.jpg
f0177105_18442121.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-11-29 23:30 | m8

Do you like JAZZ?

昨日、神戸にある異人館・旧グッケンハイム邸にて、Pistachio55gの5周年記念ライブに僕はDJとして参加させて頂きました。同じ地元でのイベントとはまた違った異国な雰囲気でのライブ。最高のステージを有難う。
ライブの様子はflickrにも置いております。
f0177105_23502792.jpg
f0177105_23504080.jpg
f0177105_23505237.jpg

f0177105_23495419.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-30 00:01 | m8

フルーツトマト

朝、もの凄い豪雨でしたが、優しい日差しが射し込んできました。
フランスの老舗メーカ、DURALEXのタンブラーにフルーツトマトを放り込み、朝食。このタンブラー、何にでもガシガシ使えるのでとっても便利。
Navitron 50mm F0.95 TV Lens、期待以上の写りです。またヴィネットが絶妙ですね。作例はflickrにも置いていくようにしました。宜しければ是非ご覧ください。
f0177105_9513562.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-26 09:48 | m8

試写・その3

F0.95にすっかりヤラれているワタクシです。夜でも人目を気にせず試写です!
光源がボケた時に発生する円形状の輪郭は、時には絵作りに活用されますが、まるで宝石が散りばめられた様に光り輝き、撮った作者ですら、液晶画面に映し出されたプレビューを見てドキッとトキメいちゃいます!
意図的に作品に取り込む為には多少コツみたいなものが要りますが、あくまで試写と云う目的で撮ってみました。(普通の方がこの絵を見ても楽しくも何とも無いと思います、、、)
Leicaの全ての技術力を投じて開発された新レンズnoctiluxまでもがF0.95で登場し、時代は正にF0.95です!
f0177105_2318117.jpg
f0177105_23181657.jpg
f0177105_23185146.jpg
f0177105_2319325.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-24 23:28 | m8

試写・その2

caffe Neroさんにて、室内での試写をしてきました!
勿論、美味しくお茶も頂きました。いつも有り難うございます。

F0.95はピント合わせが本当にシビアですね。少し慣れないといけません。MSオプティカルのx1.35マグニファイヤーを装着していますが、視力が悪い方はもっと辛いでしょうね。
さてNavitron、夜でも撮れる絵はなかなか優秀のようです!数日前迄は使えるかどうかも分からないレンズだったのですが。。文鎮にならずに良かったです。これは暫くハマりそうです。
f0177105_233380.jpg
f0177105_232357.jpg
f0177105_232449.jpg
f0177105_2325333.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-23 23:15 | m8

試写・その1

早速、試写してきました! B+W UV/IR Blocking FilterにND4を装着し、全てF0.95の開放撮りです。
レンズフードは装着しておらず、昼下がりの比較的日差しが射し込む時間帯から、夕方にかけてのショットです。
なかなかこのレンズの写り、優秀じゃないですか?周辺光量落ちもそれほどなく、ボケのトロけ具合もいい感じです。他のF0.95レンズとはまた違う感じですね!面白い!
因に現像は、Mac OSX Capture One 4、ICCによる設定(Leica M8 Generic UV-IR)のみで、カラーバランスは弄っていません。黄色よりにシフトする傾向があるレンズですが、人間の見た目に近いカラーバランスのような気がします。これと云ったクセがある感じのレンズではなさそうですね。
もう少し色んなシチュエーションで試写していきます。
f0177105_1654189.jpg
f0177105_16541372.jpg
f0177105_16542461.jpg
f0177105_16543497.jpg
f0177105_1743760.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-23 16:58 | m8

Navitron 50mm F0.95 TV Lens

秋晴れの朝、MSオプティカルの宮崎さんから改造をお願いしておりましたレンズが戻ってきました!
そのレンズとはNavitron 50mm F0.95 TV Lensです!
詳細は全く不明ですが、TVレンズということもあり産業用で多く採用されているCマウントです。入手した当時、偶然にも同じような時期に、Schneider Xenon 50mm F0.95のMマウント化に挑戦中だったandoodesignさんと情報交換をさせて頂きながら、今回宮崎さんにお願いする運びとなりました。宮崎さんのカルテには「若干過剰補正だが、膨らみが少ない。F1.4でフレアが無くなりコントラスト急上昇」とあります。また、他の50mm F0.95(Canon、Schneider、Angenieux)の中で、「最も良い」とのコメント。これは写りが期待出来そうです!

レンズのコーティングは、ブルー系のシングルコートが施されており、試写した感じでは、黄にシフトした仕上がりでしたが、そこはM8(即ちデジタル)で使うので、ホワイトバランスでカラーバランスの調整は容易ですので、問題ありません。フィルムで使う場合、オールドレンズにあるような雰囲気のある写真になりそうです。(パリの街並みを切り取るとハマりそうですね!)因にDream LensのCanon 50mm F0.95は青にシフトした写りになるそうです。

大変逆光に強くゴーストが出にくいそうなので、今後テストしてみたいと思います。
スペック的には、重量約480g、フィルター径62mm、距離計にももちろん連動し、約70cmまでピンが来ている感じでした。予想外だったのが、50mmではなく正確には48mmで、若干広角気味でしたが、画角についてはそんなに違和感はないと思います。

作例はまた後ほどアップしていきたいと思います!
f0177105_14161663.jpg

[PR]
by rangefinder | 2008-09-23 14:34 | アクセサリ